スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働の喜び

ぱくちゃんが昔の日記を読んだって書いてあったから、僕も読んでみた。




今や誰も知らないであろう楽天でやってた頃の日記(笑)




以下は自分の中で、人生の分岐点になった、憧れの現代社会の先生の授業の日記である。






『人間は労働が嫌いか?』



子供の頃・・・

1:楽しいことしよう。今日は何して遊ぼう?
よし、蝉を取りに行こう。

2:どうやって?方法。道具を考える。さぁ取りに行く!失敗。再工夫。

3:取れた!!成功!!嬉しい!!


なぜ??


この場合 目的→生産手段→結果

ついに取れた!!

という労働過程を経て、結果が出る。だから嬉しい。

そこに自己の成長があった。

蝉取りを通じて実は自分自身を生産している。


取れた蝉はこの子供自身。子供そのもの。自己自身。


『自己実現』故に楽しい。

労働の本質=自己実現
労働することは本来楽しいこと。



ではこういう蝉取り大好きな子供を「蝉取り嫌い」にするには??








蝉を、何時までにどこそこに行って、夕方までに、4匹捕まえてこないとゲンコツだ!
ほら、道具もくれてやるよ。


このように命令、強制。イヤイヤ。ゲンコツが嫌で行く。

労働過程がすべてこの子供から奪われる。

他人にコントロールされる。自分がいない。



『自己喪失』『疎外』



そして決めてはお駄賃をやるから蝉を取って来い。




僕ら人間は本来こういうものではないと思う。


趣味に逃げる。これは偽者の労働だ。


他人の立てた目的の為のロボットになる。

それは悲しいことだ。



――――――――――


てな事が書いてあったんですな。

これは今の自分の原点ですね。


今自分は好きなことを生業にしている。


ただそれが、お金目的に変わってしまった時。


それは自己を喪失するだろう。


明日の奥沢ライブは、自分達のスポンサー探しのキャンペーンライブ的なところがあるけど。


やはりギラギラしたくはない。


やっぱり企業のメリットデメリットなしに、聴いていただいた皆さんに心から応援していただけるような人間になりたいなぁ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

オノマサヤ

Author:オノマサヤ
小野雅也  Saxophone Player

静岡県出身。
静岡市立長田南中学校卒業。
静岡市立高等学校卒業。
洗足学園音楽大学在学中。

サックスは中学から始め、
高校時代は自分の吹奏楽団を作り、数々のメディアに取り上げられた。


現在は都内のバーやレストラン、
ライブハウスで演奏活動を展開中。
アーティストのバックや録音にも携わり、各種メディアでも活躍中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。